TIP 14: 海上流出油のサンプリングと監視

18 Jul 2017

Tip14English.jpg

油流出が起きると、多くの場合、政府やその他の組織は重要な資源が汚染される範囲または海洋環境が受ける事故の影響を知りたいと願う。人の健康または影響を受けやすい資源を守る上で迅速な対応の必要性を見極めるため、こうした情報が重要となるからである。意思決定を行うため監視プログラムを実行する。同プログラムには調査の実施と化学分析のための試料収集(油、海水、堆積物または生物相)手順が含まれる。

本資料では、油汚染の定性的・定量的な監視に使うことができる監視およびサンプリングの手順と手段について幅広く概観している。定性分析は油汚染の流出源を確定することができるが、監視プログラムは炭化水素レベルの定量的な経時変化に関係していることが多い。本資料では分析の適正手順に関するガイダンスを行うとともに、共通用語について説明している。しかし、特定の生態学的または生物学的影響および空気中の汚染物質を監視するために必要な技術および調査については本資料の対象としていない。

Categories: Technical Information Paper (TIPS) , Environmental effects, Planning & operations